外壁塗装に関するリフォーム情報

外壁塗装

どんなに頑丈な造りの建物でも、風雨に曝される屋根と外壁は、定期的なリフォームが必要です。特に、外壁の塗装は経年劣化により剥げてきたり変色したりするので、見た目が悪くなるだけでなく、雨漏りの原因となるおそれもあります。外壁として使用されることが多いサイディングについては、塗装に加え、接合部分のひび割れなどを修復する必要も生じるでしょう。外壁の素材や塗料の種類によっても差がありますが、一般的には15年に1回程度は外壁を塗装することが望ましいと言えます。

外壁を塗り直すリフォームを行うと、建物の外観がほぼ新築の状態になり、快適な生活を送れるでしょう。外壁の色を変えれば、イメージチェンジも可能です。以前とあまり変わらない同系列のカラーで塗装することが多いのですが、思い切って違う色に塗り直したら、見違えるような外観になり、外から眺めるのも楽しくなるかもしれません。屋根の色とのバランスが重要で、屋根の葺き替えと併せて外壁のカラーを考えてみるのも良いでしょう。隣家の外観や近所の風景との調和も考慮することが必要です。

外壁塗装に適した季節としては、4月から5月にかけた春季が挙げられます。春は雨が少なくて塗料が乾燥しやすいうえ、暖かくて塗料の乗りが良く作業に適しているからです。2階以上の建物の場合は、高い部分の塗装を安全に行うために足場を組まなければなりません。足場に作業員が乗って塗装するのですから、倒壊のおそれがないようしっかりとした組み立てが不可欠です。足場を組む作業があると、料金もかさみます。1階建ての家屋でも、ロフト付きといった、脚立では塗装できないほど高い外壁の場合は、足場を組むこともあります。

外壁を塗り直すリフォーム

また、外壁塗装の際には、足場のほかに養生も施します。養生は、エアコンの室外機や給湯器などの造作に塗料が付着しないように、ビニール等のカバーで造作を覆うことです。ベランダやバルコニーの床部分も塗料が付かないように覆わなければなりません。さらに、建物外に塗料が舞い散らないために、建物全体を覆うこともあります。こうした準備作業には手間と時間がかかり、外壁塗装作業全体に1ヶ月以上を要する原因となっているのです。

キッチンのリフォームと一緒に食洗機を導入すれば、家事の負担は大きく軽減できる!

食洗機を導入

キッチンをリフォームする際は、食洗機も一緒に導入するのが良いでしょう。食洗機を利用する事で様々なメリットが得られますが、その一つに挙げられるのが、家事の時間を短くする事ができるという点です。手作業で行う食器洗いは汚れ具合によっては時間や手間がかかってしまい、食器洗いを済ませて別の家事を行うのは、意外と体力を消費します。もし食洗機を導入しておけば、食洗機を動かして食器類を洗浄している間に別の家事に時間を充てられるため、家事の大幅な時間短縮も期待できます。また食洗機は高圧の水流によって食器類を洗ってくれるので、しつこい汚れもしっかりと落としてくれます。強い水流で食器類をムラなく洗浄できるのは食洗機ならではのメリットと言えます。

さらに食洗機のメリットとしては、食器類に菌が付きにくいという点です。食器洗い用として使用するスポンジは雑菌が繁殖しやすいと言われているため、雑菌が食器類に移ってしまう可能性があります。一方、食洗機を使用すれば手に触れる事なく高温のお湯でしっかりと洗浄してくれるので、雑菌が繁殖するリスクを大きく軽減しつつ、食器類を清潔にする事ができます。他にも食洗機を利用する事で、手作業による食器洗いが不要となるため、手荒れを軽減してくれるという利点もあります。寒く乾燥した冬の時期に手作業で食器を洗うのは大変です。しかし食器洗いを食洗機に任せておけば、その分水に触れる時間は減らせるので、手荒れになるリスクを抑えられます。

食洗機のメリット

このように様々なメリットがある食洗機ですが、キッチンをリフォームするのであれば、ビルトインタイプの食洗機を導入するのが良いでしょう。ビルトインタイプの食洗機は卓上タイプのものと比べてコストはかかりますが、キッチンにある収納スペースを活用して食洗機を埋め込むという仕様にする事も可能です。そのため、余分なスペースを取る必要がなく、家事がしやすい見た目もスッキリなキッチンにする事ができます。またビルトインタイプの食洗機は容量が大きいので一度に多くの食器を洗える他、フライパンや鍋といった比較的大きな調理器具もセットして洗えます。大家族の家庭や一度にまとめて食器を洗いたいという方にはとても便利なものとなるでしょう。